043-263-0033

仕事を知る!

第一工事部 木村 楊志治さん


 第一工事部で、プラントなどの塗装を行うのが主な仕事です。近頃は「工場萌え」とかいって、プラントの美しさを見て回る人がいるらしいですが、その見た目は私たちの仕事の成果でもあるんですよ。

 

 ご存知の通り、プラントというのは鉄骨や配管、煙突やダクトが複雑に入り組んでいるので、塗装作業でも足場が組めないケースが多いんです。ですから安全には人一倍気を使いますね。墜落を防ぐためにハーネスをきっちりつけて、ヘルメットもしっかりと。また、道具を落とさないような対策も万全にしています。安全は何よりも大切ですから、作業の際には毎朝の朝礼で、安全確保の手順を全員でしっかりと確認して、書面にまとめるようにしています。単純な口頭での申し送りでは、忘れたり誤認したりすることがありますが、書面に残しておけばすぐ確認できますし、不具合があった際も、検証ができて再発防止の対策を取りやすいですからね。

 

 プラント新設の場合、塗装作業は建設作業と並行して行います。作った場所から塗装を進めていくという感じですね。ですから、塗装だけでなく、他のセクションとも密にコミュニケーションをとるようにしています。新設工事は数年にわたって続くプロジェクトですから、意思疎通に問題があると仕事に支障をきたします。一緒に仕事にあたる仲間として、これは大事ですね。プラント建設は専門的な技能も必要になるので、また別の現場で顔を合わせることも多いですよ。自分がいろんな場所に行くだけでなく、人脈も各地に広がって行くのが醍醐味ですね。

 

 また、補修の仕事の場合は状況がそれぞれ違っているので、塗装の前の下処理を大事にしています。サビを落としたり下処理をしっかりしないと、その後の塗装の剥がれなど耐久性を左右しますからね。ただ、やはりそこは予算や工期の問題もあるので、長くプラントを止められないなど、お客様のご都合もあります。ですから、その点はよく話し合いを重ねていくことが大切ですね。

 

 

 もともと、この会社に入る前は土木の仕事をしていたんです。塗装というのは、いわば畑違いの仕事ではあるんですが、建築・建設の仕事に興味を持ったこともありまして。

 

 実際に仕事を経験してみると、あれだけ大きなものを相手にしているように見えますが、実は非常に細かく、繊細な仕事なんですよ。塗る場所が入り組んでたりするので、作業はローラーや、特に細かい場所はハケを使います。素材によっても塗料の食いつきや、必要な下処理、塗りの回数などが違うんで、材料選びも重要ですね。また、煙突のように熱が加わったり、または絶えず振動にみまわれる場所もあります。そういう厳しい環境の部分は、とくに気を使います。ほんのわずかな塗膜の厚みが、耐久性に影響を与えてしまったりするんですよ。奥が深いですね。

 

 自分が異業種から転じたこともあって、塗装について未経験でも大丈夫だと思います。さすがに高所作業は最初怖かったんですが、繰り返していくと安全対策もしっかりできているし、それへの信頼が増して、徐々に怖くなくなってきました。作業を重ねていくにつれ、やはり慣れというか、安全対策を信頼する余裕が出てくるんですよ。ここは様々な経験を持ってる人がいるし、むしろ無駄な経験はないと思います。まずはこの仕事に興味を持っているだけで十分だと思いますね。家族みたいな面倒見の良さがあるんで、この世界が初めてでも、ちゃんと丁寧に仕事を教えてくれます。色々な場所にも行けるし、今まで知らなかった世界がのぞけますよ。

 

前のページに戻る
TOP