043-263-0033

仕事を知る!

第二工事部 積算担当 女性


 私はこちらにお世話になって3年なんですけど、なんだかもっと前からいるような気がするんです。それだけ、この会社の環境が良くて、なじんでしまってるんでしょうね。もうここにいるのが当たり前って感じです。今までの職場に比べると、時間の感覚が違うっていうか、なじみ方が違うって感じですね。

 

 今は、建物のリニューアル工事をする第二工事部で積算業務をしています。お客様からの依頼を受けて、見積もりを取るために色々必要になるものの価格を積み上げて、見積もり書に記載する数字をはじき出す仕事です。工事の予算を決める大事な作業ですね。

 

 こちらにお世話になる前から事務の仕事をしてはいたんですが、積算業務というのは初めてだったので、最初は業務内容を覚えるのが大変でした。どうしても建設や土木に関する専門用語が多くて、それを覚えるところから始めましたから……。

 

 でも、その勉強に集中できるよう、周りの方が色々と仕事を肩代わりしてくれていたり、自然と配慮してくれていたんです。当時は、初めての内容を覚えるのにいっぱいいっぱいで、その気遣いに気づけなかったんですが……。後からすごく感謝しました。

 

 見積もり時の積算業務なので、現場に出向くのはリニューアル施工前の状態ばかりで、あとはデスクワーク主体です。ですからリニューアルされたピカピカの姿を見る機会はほとんどないんですが、かえって「今のこの姿が、どんな風に変わるんだろう」って想像して、ワクワクしちゃいますね。施工する範囲が敷地全体に及ぶこともあるので、そういうケースでは余計に想像力がかきたてられます。きっと今の姿からは想像もできないくらい、きれいに生まれ変わるんだろうな、って。

 

 いろいろ経験を積んで、工事全体を見られるようになってきたので、自分のしている「積算」という仕事が、どういう位置を占めて、どんな意味を持つのか、っていうのがわかるようになってきました。ですから、これからは一歩進めて、工事全体のことを考えながら、この材料はどの場面で使われる、とか、俯瞰した形で積算ができるようになりたいなと思っています。

 

 職場の人間関係は良好です。……というか、まるで家族みたいな感じですね。女性社員は、だいたい子育ての年齢層に重なっていて、私自身も子供がいるんですが、同じ境遇にいるからか、学校の用事とか、子供の病気など、母親ならではの悩みを互いに判っていて、色々と融通が利くというのが非常に助かります。みんなお互い様だと思っている分、それぞれ「いいよ、代わりにやっておくから」って感じでサポートしあってるんですよ。どうしても、子育て世代の女性がフルタイムで働くとなると、子供や学校の都合で平日に用事ができて、仕事を休まざるるを得ない、っていう場面がありますけど、ここではうまく調整がつくんです。本当に助かります。社長も母親として子育ての経験がある分、そういうところに気がついてくれるんでしょうね。

 

 これだけ色々とありがたい面があるので、逆に子供が手を離れたら、今までの分、会社に恩返ししたいなって考えてます。ですから年をとってからもバリバリ働けるように、ちゃんと健康に気を使って、体力をつけとかなきゃって思ってるんですよ。

前のページに戻る
TOP